2番組録画か3番組録画、どちらがいいの?

2番組同時録画か3番組同時録画かサムネイル DIGA
スポンサーリンク

ブルーレイレコーダー、一昔前よりもずっと手の出しやすい値段になってきていると思います。全録機能モデルなどは買いやすいと言える値段ではありませんが、2番組同時録画なら約3万円弱、3番組同時録画は約3万9千円ほどで販売されていますね。

スポンサーリンク

個人的には3番組同時録画がおすすめ。

私は昔、1番組録画のnasneを使ってました。

nasne

シングルチューナーのnasneを長年使っていましたが、やはり一番組しか録画できないのは不便に感じる場面は多かったです。同じ時間帯の番組が録画できないので、時間帯が5分でも重なっていたら録画できないですし、深夜アニメなどの場合は地上波デジタル放送とBS放送の時間帯をうまいこと組み合わせて、なんとか録画していました。

泣く泣く録画を諦めたことも。

新番組の上に再放送なども放送されてきたらもう大変です。泣く泣く録画を諦めた番組も何度もありました。AT-Xなどの有料放送に加入していたら話は別ですが、一度見逃したり録画に失敗したりすると、次にいつ再放送されるか、本当にわからないですから、放送されていて録画できる機会を逃したくはないですね。

しかし、いざブルーレイレコーダーの購入を検討すると、2番組同時録画で安く購入するか、少し高くても3番組同時録画か…どちらが良いか迷われる方も多いのではないでしょうか。

Amazonランキングでは2番組録画が上位に。

Amazonランキングを見てみると、2021年8月現在では、3万円前後の2番組同時録画である2チューナーモデルが売れ筋のようです。 ですが、これら3万円前後のモデルは4K放送には非対応となっており、 4K放送を視聴・録画することはできないので注意が必要です。

ですが、4K放送が主流になるのはまだまだ先だと思いますし、2チューナーでも十分とお考えでしたら、約3万円台でレコーダーが購入できるというのは、随分と昔に比べると安くなったなぁと個人的には思います。

4K放送を録画するのかどうかも考えましょう。

Amazonランキング上位の機種は3万円前後と手が出しやすい値段となっています。しかしこれらのモデルは4K放送には非対応、4K放送を積極的に見るつもり!という方は4Kチューナー内蔵モデルを選ぶようにしましょう。このページでは4Kチューナー内蔵かどうかよりも、2チューナーか3チューナー、どちらが良いのかに重点を置いて記事を書いています。

使い方によって、どちらがいいか考えてみましょう。

使い方や見るジャンルによっても、録画番組数は違ってくると思いますが、個人的には、お金に余裕があるのなら、やはり3番組同時録画があると便利だなぁと思います。

私の場合、深夜アニメをかなり見るので3番組同時録画は必須と思っています。私の使い方では、2番組同時録画しかできなかったら、どれかを諦めていただろうな、という場面が何度かありました。再放送を録画したり深夜アニメ以外に夜から深夜に放送されている映画などなど、録画する場面は意外に多いです。

アニメは見ないけど、ドラマやドキュメンタリーをよく録画される方は、2番組同時録画でもこと足りるんじゃないかな、と思います。でも、年末や夏休みスペシャルとか、そういうときに番組が重なったときは、ここで3番組同時録画できれば…と思うことも出てくるかもしれません。

録画環境も少し見直してみましょう!

そのテレビ、番組録画できませんか?

最近のテレビは外付けHDDを接続するだけで録画できるものがありますよね。私はテレビには詳しくないのですが、現在発売されているほとんどのテレビが録画に対応しているのではないでしょうか。お使いのテレビに録画機能がある場合でしたら、テレビの録画機能と併用して、レコーダーは2番組同時録画のものを選択し少しでも出費を少なく抑える、というのも賢い選択だと思います。

nasneを持っていたら、また使うのもあり。

私は現状、部屋にパソコンモニターしかないため、他に録画できる機器といえばnasneしかありません。ブルーレイレコーダーを購入してからnasneはもうほぼ使用していないのですが、DIGAとnasneを同時に使用することで、プラス1番組録画することは可能です。

録画はレコーダーで統一したほうが使い勝手は良いと思います。

DIGAだと「おうちクラウドディーガ」でスマホやタブレットからも視聴や録画管理ができて大変便利ですので、テレビやレコーダーと2つに分けてしまうと少し番組の管理が大変になるかもしれません。できることなら録画した番組はレコーダーのみで完結するほうが便利なのかな、と思います。

どれだけテレビを見るか、録画するか、深夜アニメは見るのかなどなど、自分のテレビライフにあったレコーダー選びができるといいですね。

参考までに「おうちクラウドディーガ」のそれぞれ人気2機種のご紹介。

コメント

タイトルとURLをコピーしました