4K放送番組をフルHDモニターで見るとどうなるのか。

4K放送番組をフルHDモニターで見ると? DIGA
スポンサーリンク
スポンサーリンク

私の視聴環境

フルHDパソコンモニターで視聴してます!

私の使用しているブルーレイレコーダー「DMR-4W100」は3番組同時録画で、そのうち2つのチューナーは4K放送対応なので4K放送の視聴や録画もすることができます。ですが、私の環境はテレビではなくPCモニター。4Kモニターでもフルハイビジョンテレビでもなく、パソコンのフルハイビジョンモニターなのです。

テレビを置く場所がなく、テレビ(レコーダー)とパソコン、ゲームを全てフルハイビジョンモニターで兼用しているのですが、私のような環境の人は珍しいかもしれないですが、全てフルHD環境であるこの場合、4K放送の視聴時はどのように映るのか、参考になればと思い書いておきます。

4K放送の受信レベルを調べてみると。

私の家は集合住宅のマンションで、規約によるとまだ4K8K放送に対応していないと記述されていたので、このレコーダー買っても4K放送が映らなかったら宝の持ち腐れだなぁと思っていました。が、購入してから接続し番組表をチェックしてみると、なんと4K放送が映るではありませんか!

BS4K放送の受信状況の確認画面。

受信レベルも十分で、視聴も録画も無事できました。4K放送が映るということは、実質チャンネル数が増えるようなものですから、お得だな~くらいにしか感じてなかったのですが…。

BS4K放送、映画がすごいいい!

BS4K、良いですね!映画の4K放送が多く、マトリックス3部作ターミネーターシリーズなどの放送は嬉しかったですね。2021年の6月頃はマトリックス3部作の放送を何度もやっていたので、久しぶりに見れて嬉しかったです。

フルハイビジョンモニターで4Kの違いはわかるの??

とはいえ、見ている画面はフルハイビジョンモニターなんだから、4K画質じゃないし、普通のBS放送と同じじゃないの?と思われますよね。正直、画質に関してはどうなんだろう?きめ細かいような、キレイといえばキレイに感じるし、でも2Kモニターな訳だし…と違いがわからずにいました。

「字幕」に注目!

フルハイビジョンモニターでも4K放送を見てるとき、これはすごい!明らかに違いがわかる!と思うところがありました。ずばり字幕です!では一部切り取ってみてみましょう。

こちらが地上波デジタル放送の字幕。
こちらがBS4K放送の字幕!

あきらかに文字の輪郭のくっきりさが違います!少しわかりにくいかもですが、地上波デジタル放送の字幕はギザギザした感じですが、BS4Kは本当にキレイに表示されます。

私は以前nasneを使用しいたとき、PS4で視聴していたのですが、視聴時の字幕放送の文字はかなりハッキリしておりキレイでした。ソニーのレコーダーも同じなのかな?しかしDIGAに変わってから、字幕放送の字がギザギザして見えて、う~ん、こう映るのかぁ、残念…と思ったものです。

私は字幕ONにして見る派なのです。

映画やアニメなど、字幕放送が付いている場合は字幕をオンにしてみることが多いんですよね。セリフを正確に把握しながら見ないと気が済まないという、性格のせいもありますが、難しい専門用語は聞くだけでは頭に入ってこないことがあるんですよね。

例えば、アニメの「PSYCHO-PASS」なんかは地上波デジタル放送の字幕付きでよく見ていました。難しい言い回しや専門的な用語も多かったので、見るだけよりも「字幕を見ながら」見る方が、よりストーリーを理解しながら見れたと思います。あくまで個人的にですが。

フルHDでの視聴なら、4K放送は「暗く」映ります。

4K放送をHDR(ハイダイナミックレンジ)非対応フルハイビジョンモニターで見ると、初期設定のままでは暗いなぁと感じます。DIGAの設定でHDRの項目を最大まで上げたり、モニターの輝度を上げるなど設定をいじらないと暗いですね。でも私の見た感じではHDRの項目をいじるだけで、十分見れるよう範囲かな、と思います。暗くて見えれたものじゃない、なんてことはないかな?

4K放送をアニメで見たときの感想は別記事にしてありますので、よければどうぞ。

暗く映るのなら、それはチャンネルが増えただけなのでは、と思われるかもしれませんが、チャンネル数が増えるだけでも4Kチューナー内蔵レコーダーを選ぶ大きなメリットになると思います。

将来的な4K環境に備えておきましょう!

字幕はHD環境ではっきり違いがわかる唯一のところ(?)

4K環境でなくても、フルHDのテレビやモニターでも、普段から私のように字幕放送をオンにして視聴している方は、おお!文字がキレイになってる!と感動すると思いますよ!きっと!…たぶん。

将来的に4K環境になるかも、という可能性に備えましょう。

字幕放送がすごくキレイ!というのは今までの地上波とBS放送との違いがはっきりわかるところ。字幕がキレイということは、もちろん番組自体も4Kでキレイに撮れています。現状では、チャンネル数が増えただけで私のようにフルハイビジョンのモニターでは、今はあまり恩恵がないかもしれません。

ですが、数年後には4Kモニターや4Kテレビを購入するかもしれないという将来性を見越すと、早めに4K環境に備えておくというのは、大事なことかもしれません。4Kテレビや4Kモニターを購入したときの楽しみが増えますよね。4Kのライブラリーが増えてくると、4K環境を揃えたい衝動に駆られてしまいます!もしかしたら近いうちに4Kモニターを購入するかも…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました