お店の延長保証は加入すべき?「安心を買う」という考え方。

お店の延長保証サービス その他
スポンサーリンク

ブルーレイレコーダーやテレビ、掃除機やエアコンなどなど…金額の大きい家電を家電量販店の店舗で購入すると、そのお店の延長保証サービスに加入しませんか?と言われたりした経験ってありませんか?

家電量販店で購入すると必ずと言っていいほど聞かれる場面がありますよね。昨今ではゲームハードを購入する際でも聞かれます。例えば、最近では例えばニンテンドースイッチなどは延長保証サービスを勧めるお店が多いです。もし壊れたときに少しでも修理費を安く済ませることができたり、修理費が無料になるというのは、大きな魅力です。

今回の記事では、ブルーレイレコーダーなど大きな買い物をする際のメーカー保証以外のお店の「延長保証」についての記事となります。

スポンサーリンク

延長保証!加入のメリット・デメリット。

加入するかどうかは購入した方の自由。私は大体の製品は加入するようにしているのですが、それについてのメリット・デメリットを私なりの意見を書いていきたいと思います。

私は大体、加入しています。それは家族の経験から。

ブルーレイレコーダーに限っての話で言えば、私はnasneの購入時は延長保証に加入していませんでした。そのときはまだ延長保証というのをあまり重視していなかったので、気にもしていませんでした。しかし、同時期に買った家族のnasneは1年以内に赤いランプが付き、操作も何も受け付けなくなってしまったため、メーカーに送ってメーカー保証修理となっていたこともあります。

もしかしたら自分もそうなるかも、とその後DIGAを初めて購入したときは、万が一に備えて加入しました。購入して1年以内に故障した場合はメーカー保証を受けることはできますが、それ以降は延長保証に入っていないと修理金額は実費となります。

私の場合、ブルーレイレコーダーは頻繁に買い換えるものではありませんし、2年、3年以上と長く使うことを考えると、少しでも故障した時の金銭的なリスク軽減をするべきかな、と考えました。

「安心を買う」というメリット。

お店によって何年保証があるかはそれぞれですが、大体は5年延長保証というところが多いですね。金額は大体購入金額の5%というお店が多く見受けられます。

少し値段はかかっても、5年間の安心を買う、という意味では個人的には加入していた方が、万が一に備えることができますので、私のように心配性な方は加入した方が安心できるのではないでしょうか。

故障しなかった場合とお店による規約の違い。

デメリットと言えるのかは分かりませんが、5%とはいえ、最初の購入金額に上乗せ(お店によってはサービスであったり交渉によって付けてくれたり、ポイント分で差し引いたりなど様々)というのは少し高く感じますよね。壊れたら買い換えればいい、延長保証に入らなくてもなんとも思わない、という方は少しでも購入金額を安くできる方が魅力に感じると思います。

購入した製品が必ずしも5年以内に故障するとは限りません。実際、私も長年使っているnasneは壊れていませんし、DIGAを購入する際に加入した延長保証もまだ使ったことはありません。そう考えると、ブルーレイレコーダーやテレビなど様々な家電全てに延長保証を付けるというのは、合計金額を計算すると出費が多くなるのも事実です。

また、お店の延長保証によって同じ5年保証でも、全額保証であったり、お店が80%は負担してくれるなど、規約によって違いますので、ネット注文で購入する際は事前にしっかり調べたり、家電量販店などお店で購入する場合、わからない点はしっかりと店員さんに確認しておきましょう。

BDレコーダーに限っては、個人的には加入はオススメです。

ブルーレイレコーダーの場合、加入するかどうかは少し悩みどころかもしれませんが、もし購入したとして、壊れたとき、自分がどう考えるのかを想像してみることも大切です。

故障したとしたら、どうする?!

もし、私がいま使っているブルーレイレコーダーが壊れたときのことをシミュレーションしてみると…。

レコーダーが壊れた!再生も録画でできない!となったとき、私は毎日深夜アニメを必ず録画するので、かなり困ります。正直一日もないと困ると思うので、すぐに買い替えを検討するかと思います。そうなったときに、新しい機種をすぐに購入するのなら、延長保証は入らなくてもいいのでは?と思うのですが、新しいレコーダーを購入した際、壊れた方のレコーダーはどうするか、これも悩みどころ。

延長保証に入っておらず、実費での修理に何千円、何万円も使うのなら、金銭的にも痛いし、修理はやめて、壊れたレコーダーは廃棄することに…となります。しかし、延長保証に入っていて修理に出した場合は違います。レコーダーが修理から帰ってきてから、新しく買ったレコーダーと併用して使うことももちろんできますし、もう自分が使う予定がないのなら、家族に譲るという事もできますよね。

もしくはフリマアプリやお店で売却することも。少しでも買い取ってもらえたら、新しく買い替えたレコーダーがより安く購入できたと考えることもできますから、個人的には延長保証サービスに加入していたほうがダメージは少ないかな、と思っています。

考え方は人それぞれですが、個人的には加入がオススメです。

私が加入しているのも5年保証なので、5年を過ぎてからの修理金額は全額自分が負担することになります。そのときは壊れたレコーダーをどうするか、考えなくてはなりませんね。でも、延長保証に入っていると5年間はその心配をしなくてもいい、そう考えると、私の性格から言わせてみれば「5年間の安心を買う」という意味で加入していた方がいいと思っています。

人の考えは人それぞれ。自分がその時にどう思うか、ブルーレイレコーダーに限らず、家電など金額の大きな買い物を際、延長保証はどうするかということも予め考えておくのも大切なことですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました