PC TV Plusが価格改定!22年8月8日から。「PC TV Lite」も新たに登場。

nasne
スポンサーリンク

nasneを使ってPCでテレビ番組の視聴・録画などが可能になるアプリケーション、「PC TV Plus」が2022年8月8日に価格改定されます。nasneユーザーにはぜひとも使いたいアプリ。

スポンサーリンク

「PC TV Plus」は値上げ、「PC TV Lite」が登場。

2022年8月8日、ニコニコ実況のコメント表示機能などに対応したVer.6.0へのアップデートに伴い、価格改定が行われることになりました。今までは「PC TV Plus」1台分のライセンスキーが3,300円でしたが、4,400円に値上げとなりました。

また、同じく8月8日に機能が制限されているバージョン「PC TV Lite」が新たに発売されることも発表されました。価格は3,300円となります。

2022年8月2日時点のPC TV Plus (Lite)公式サイト。

実質的な値上げ。それぞれいくら上がった?

「PC TV Plus」はPC3台分の最大3ライセンスまで購入することができ、数が多いほどお得になっていました。今回の発表で「PC TV Plus」は全て値上げとなりましたが、差額はいくら違うのか、見てみましょう。

旧価格新価格差額
PC1台用:3,300円(税込)PC1台用:4,400円(税込)1,100円
PC2台用:5,940円(税込)PC2台用:7,700円(税込)1,760円
PC3台用:7,920円(税込)PC3台用:9,900円(税込)1,980円

今まで1ライセンスが3,300円とCDアルバム1枚ほどの値段でしたので手が出やすかったように感じますが、1ライセンスが4,400円となると、少し高く感じてしまいますね。私が購入したころは「PC TV with nasne」という名前で、まだ機能も少なかったものですが、現在は多機能となってしまったゆえの値上げなのかもしれません。

「PC TV Lite」とは?

2022年8月8日に発売される「PC TV Lite」は3,300円(税込)で発売されます。価格改定前の「PC TV Plus」と入れ替わる形で発売されるLiteですが、Liteと付くだけあって「PC TV Plus」で使える機能が使えないものがあります。

こちらのSONY公式ページに一覧表が掲載されています。

基本的に視聴するときに困るような制限はないかなと個人的には感じます。コマ送り・戻し、早送り・早戻しができない、という点は少々不便かなとは思いますが、フラッシュやチャプタースキップ・シーンサーチもできますし、基本的なメディアへの書き出し・ダビングも可能なのは好印象。

ただ、番組名やサムネイルなどの番組情報編集やチャプター編集といった、PC番組の編集は制限が多く感じますね。

どちらを買うべきか?

nasneを使ってPCをテレビのように使いたい、特にブルーレイディスクにダビングするときも編集などせずにそのままダビングする…という方は「PC TV Lite」でも十分満足できる機能は備わっていると思います。

番組名の名前を変更など番組編集をしたい、そしてVer.6.0アップデートのおそらく目玉機能になる「ニコニコ実況のコメント表示機能」を使ってみたい、という方は「PC TV Plus」の方の購入をご検討されてみるのがいいかもしれません。

人によって使い道や使い方はそれぞれですから、まずは体験版を使ってみて、自分が日常的に使うであろう機能を調べてみるのが良いと思います。

悩める期間は8月8日まで!それまでに購入の検討を。

8月8日から始まる値上げですが、「PC TV Plus」を使ってみたいな、買おうかな、と悩んでいた方は、8日の料金改定までは「PC TV Plus」を1ライセンス3,300円で購入することができるので、それまでに購入するのが良いかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました