「torne」がPS5に対応、nasneで番組視聴が可能になりました。

PS5でnasneを活用「torne」配信開始! nasne
スポンサーリンク

2021年11月24日、プレイステーション5でnasneを使い番組の録画・視聴が可能になる「torne」が配信されました。これでPS4のときのようにPS5でテレビ視聴することがついに可能となりました。

SONY製の旧nasne、バッファロー製のnasneともに対応していますので、nasneを視聴できるハードが増えたということになりますね。

スポンサーリンク

nasneが現役の方には朗報!

PS5にnasneが非対応だった時期が約1年ありましたから、その間にnasneからブルーレイレコーダーなどに環境を移行した方もいらっしゃるかもしれません。しかしnasneはまだまだ人気商品。現役で使っていらっしゃる方には朗報ですよね。

ゲーム機でレコーダー兼用できるのは便利。

私はブルーレイレコーダーを購入するまでは、プレイステーション4一台でゲームとテレビ視聴・レコーダーの役割を兼用できていたので、とても重宝していました。プレイステーション5では発売日にはまだtorne非対応ということもあり、そのときにはすでにブルーレイレコーダーを持っていた私は、nasneを扱う瓶度は減りましたが、今でも使われている方には嬉しいアップデート。

視聴には500円必要です…。

PS4やPS Vitaのトルネアプリとは違い、視聴再生するのに税込み500円がかかります。スマートフォンアプリで利用するときに追加課金しなければいけないのは仕方ないな、と思いましたが、PS4なら無料だったのに…と感じてしまいますが、torneが使えないことが原因でPS4からPS5への移行を戸惑っていた、というユーザーなら500円は必要経費でしょうか。

また、PS4のときも有料でしたが、音質を向上させるアプリ、「オトイイネ」は税込み1,320円、全体的の画面カラーをブラックに変更できる「トルネ・ブラック」も税込み500円と金額が発生しますのでご注意ください。

ライトな使い方をする方にnasneはオススメ。

レコーダーのように2番組、3番組と同時録画をしたり、録画した番組をディスクに残したりといった使い方をあまりしない、手軽にテレビ番組を録画したり視聴したい、という方にはnasneは便利です。

1番組録画でも困らない方はとってもオススメ。

nasneは4Kチューナーを搭載していませんし、nasne1台では同時に録画できる番組は1番組。それでも、たまにドラマやアニメを録画するくらいしか使わないという方には、手軽に扱えてオススメできる製品かなと思います。

最初に述べたとおり、ソニー製nasneももちろんPS5版torneに対応していますので、nasneは昔に買ったけどもう使ってなかったな、という方もいらっしゃるかもしれません。PS5版のtorneではより高速になっているとのことで、どんな感じに変わったのか、nasneをお持ちの方は試してみるのもいいかもしれません。

バッファロー製nasneのお値段が少々高いのがネックですが、録画をたくさんするような、ヘビーな使い方をしない方は、PS5を使ってnasneを視聴されるのもありですね。

2022年1月18日現在、バッファロー製nasneはAmazonなどで29,800円で販売されています。

問題は今でも入手困難なPS5。

プレイステーション5にtorneが対応してくれたのは喜ばしい限りですが、問題は2021年11月に発売してから1年以上も経った2022年1月現在でも、今なお入手困難なPS5本体でしょうね。半導体不足など様々な原因があるとは思いますが、現在でも購入するには抽選販売に応募するし、当選する必要があります。

抽選販売は私も何度も応募して、何十回と外れた思い出があります。また外れた…とガッカリしてストレスがたまることも幾度となくありましたので、いつでも買いたいときに、手軽にお店で購入できる時代が少しでも早く来るといいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました