「録画用」USB-HDDと「SeeQVault」USB-HDDの違いは?

録画用USB-HDDの箱全体 DIGA
スポンサーリンク
スポンサーリンク

2種類の外付けハードディスク!

録画用とSeeQVaultの2種類があります。

本体容量が少なくても、外付けHDDで容量を増やすことができるのはレコーダーの大きな強みですよね。私はBUFFALOの3TBの録画用HDDを使用しています。

容量もいっぱいになってきたし、いざUSB-HDDを購入してみよう!というときに、まず「録画用USB-HDD」「SeeQVault(シーキューボルト)」のどちらにするかをよく考えて決めましょう。

SeeQVault対応は値段が高め。

ネット通販や店頭で売られているテレビ録画用!と書かれてて手頃な値段の外付けHDDは大体が録画用のHDDですが、「SeeQVault」対応HDDというものが存在します。値段が高いのですが、録画した番組が他のレコーダーでも再生することができるんです。

通常、 SeeQVault対応でないHDDに録画をすると、そのレコーダーでしか再生できないので、不便に感じますね。例えば、同じDIGA同士でもダメで、旧DIGAで録画したUSB-HDDを新DIGAに接続しても、再生することはできません。

他のレコーダーでも再生することができます…が。

SeeQVault対応HDDなら、DIGAで録画した番組をソニーやシャープ・東芝などのレコーダーに接続すれば再生することができます。同じく同じメーカーでも録画用HDDなら、PanasonicだとDIGAを買い替えたとき、旧DIGAから新DIGAへ、USB-HDDを接続し直すだけでは見れませんが、SeeQVault対応HDDなら簡単に移行できます。

録画用HDDなら番組を移動させる「お引越しダビング」などをわざわざしないと番組の移動はできないのですが、USB-HDDを新DIGAに差し替えるだけで視聴することができますので、本体を買い替えてもスムーズに移行できますね。

これだけ見ると便利だな~、じゃあ買うならSeeQVaultのハードディスクがいいじゃん!…と思うのですが、SeeQVault対応HDDにはいろいろな制限があったりもします。

SeeQVault対応HDDと通常HDDの違いは?

具体的にどう違うのか、より詳細に見てみましょう。Panasonicのよくある質問に「ディーガで使うUSBハードディスクで、SeeQVault対応と通常録画用とは何が違う?」というページがあります。

DIGAを普段使っていると特に気になるのは以下の3つ。

・ダビング10番組は「1回だけ録画可能」な番組として記録します。
・放送番組をUSBハードディスクに直接録画できません。
内蔵HDDからのダビングはできます。(新4K衛星放送番組を除く)
・USBハードディスクの「部分消去」「番組分割」「まとめ」などの番組編集ができません。

ディーガで使うUSBハードディスクで、SeeQVault対応と通常録画用とは何が違う?

USB-HDDに直接録画ができない。

USB-HDDには直接録画ができないので、本体HDDに録画してUSB-HDDにダビングする、というひと手間がかかります。本体容量が少なく、直接USB-HDDへ予約録画している私からすれば、少々不便です。

USB-HDDにダビングするとダビング回数が1になる。

また、録画した番組をSeeQVault対応USB-HDDにダビングすると、ダビング回数が10回ではなく1回になってしまいます。CS放送を録画した際はダビング回数が1回になりますが、地上波、BS放送もそうなるのは少し不便。一度ディスクに焼いてしまうと、本体からは消えてしまいますね。

まとめ機能が使えない。

そしてDIGAで普段使いするなら、複数の番組を一つのフォルダにまとめる「まとめ」機能はほぼ必須機能なのですが、 SeeQVaultのHDD内ではそれができないので、番組がズラッと並ぶことになります。これは普段から使うには、少し管理しにくいです。

購入前によく考えましょう!

私の使用しているのはBUFFALOの「HDV-SAM3.0U3-BKA」録画用HDDです。

私はSeeQVault対応HDDを所持しておらず、できることできないことを見て主観で書いてしまったので悪いところが目立ったかもしれませんが、使い方によって良し悪しが出るものだと思います。

とにかく少ない本体容量を多くしたい、というのなら、まとめ機能が使える録画用HDDの方が整理整頓しやすくて使い勝手は良いのでは、と思います。

ですが、新機種が出たときや故障などで買い換えるとき、新しい本体へ貴重な番組を少しでも持ち出したい場合など、 SeeQVaultは本当に便利だと思います。DIGAのお引越しダビングはかなり時間がかかるので、時短にもなります。

私はDIGAからDIGAに買い替えたことがあるのですが、番組の移行は本当に大変でした。お引越しダビングで1週間以上かかったと思いますし、お引越しダビングで移した番組はすべてダビング1になりますからね。

私だったら、録画用HDDでまず容量を増やして、引っ越し用にSeeQVault対応HDDと二つ欲しいくらいですが、金銭的な問題もありますから、自分の使い方や環境に応じて、じっくりと考えて決めるのが良いと思います。

こちらのUSB-HDDに関する関連記事も良かったらどうぞ。

購入の際はこちらも参考にどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました